iPhoneの修理、専門店に持ち込む前に!

データの事前バックアップを!

iPhoneを専門店で修理してもらう場合、専門店のため安心して頼める一方で少し不安なのが端末のデータ紛失。故障箇所は無事に直っても、データが消えてしまったら以前のように使えず、さらに不便になってしまうかもしれません。
また、iPhoneは故障内容によっても異なりますが「修理」ではなく「交換」の場合、以前まで使っていた端末は使えなくなってしまうため、データは実質消えてしまうことになります。
そこで、修理を依頼する前に必ず自宅等でデータのバックアップをしておくことが大切です。バックアップは端末を自宅のパソコンに繋いでパソコン上に保存する他、最近では様々なオンラインストレージサービスがあるため画像データ等はWeb上に保存することもできます。
いざ故障した際にバックアップが取れない場合もあるため、日頃からこまめにバックアップを取っておくことが大切かもしれません。

そもそも専門店でなければダメ?

iPhoneを修理する場合、専門店に依頼することが一般的ですが、最近は専門店以外でもiPhone修理が可能な店が増えてきています。 専門店ではない「非正規」の店舗による修理のメリットは、店舗によって異なりますが、価格が安い、修理のクオリティは専門店とあまり変わらない、大きくこの二点が挙げられます。 iPhoneを使用していて特に多いのが画面の破損。専門店に修理を依頼する場合14,800円~19,800程かかってしまい、保証に入っていないとかなり痛い出費になってしまいます。非正規の店舗が安く修理することができる理由の一つとして修理箇所ごとの細かい料金設定が挙げられます。画面破損や水没など修理内容によって料金が分けられているため最低限の修理費用で済みます。 同じクオリティで安く修理ができるなら専門店以外の選択肢もありかもしれません。

iphone6sのバッテリー 交換では無料で見積書を出してくれるので、安心して依頼することができます。