水没しても、焦らずに修理を頼もう

iPhoneは水に浸かってもすぐに壊れるとは限らない

精密機器に水は大敵です。不純物が一切混じっていない水の中で、通電していない状態で保たれていれば問題ないこともありますが、生活圏の中に存在する水は、トイレ、お風呂、下水、雨によってできた水たまりなど、不純物が入ってるものばかりで、そこに機械を落としてしまうと壊れる可能性が高いです。
iPhoneも例外ではありません。iPhoneは非常に丈夫に作られている製品ではありますが、特別、防水性が高いというものではありません。そのため、不純物混じりの水にしばらく浸かっていると基板がショートしたり、パーツが錆びたりと確実に故障につながっていきます。
ただ、水に落としてからすぐに拾い上げ、応急措置を施せば交換せずに使い続けられる可能性があるので、落としても諦めないようにしましょう。

徹底的に水分を取り除いて修理に出そう

iPhoneを水に落とした場合の応急措置とはどのようなものかというと、電源が入っていたらすぐにオフにし、表面についた水分を徹底的に除去することです。
起動中のiPhoneは水に浸かっても、そのまま動作する可能性はあります。基板に水が入らない限り、ショートする可能性が低いからです。ただ、動作しているから問題ないんだと勘違いして、表面を少し拭いただけで電源を切らずに使い続けていると、最終的には基板の中に水が入り込んで駄目になってしまうので注意しなければなりません。
電源を切って水分を拭き取ったら、密閉できるビニール袋の中に乾燥剤を入れ、その中にiPhoneを入れるといいでしょう。こうすることでタオルでは除去しきれなかった水分を取り除くことができます。そのあとで、修理に出すようにしましょう。

iphone6sの修理は、正規の携帯ショップに修理に出すのが一番確実ですが、修理費用を抑えたい場合はiphone修理専門のショップに持ち込むのがおすすめです。